[0107] パピルスを買う


いま作り途中の本に、エジプト関連のものがあって
それにパピルスを使いたいなーと、考えていたのですがついに購入しました。
2メートルくらいあるパピルス紙。
これだけ大きいと、切るのがもったいないな・・・。
以前エジプトに行った時には、絵の入ったものを沢山買ったのですが、
今回は無地のものです。
羊皮紙よりも前に、古代エジプトでは5000年以上も前から
紙として使われていたパピルス。
パピルス(papyrus)は、ナイル河の水辺の湿地帯に生えるカヤツリ草科の植物で、
この植物の茎の部分をスライスして地道に格子状に並べ、
何週間かプレスして1枚の紙ができるという
とっても手間のかかった品物です。
現地で作り方を見てきたので、いつか写真もみなさんにお見せしたいと思いつつ。
上記写真はパピルスのしおり。

パピルス紙は、折ったからといって割れてしまうものでもないのですが、
本の表紙や本文よりも、やっぱり巻物として使うのが一番適した素材。
でも、これを巻物ではない状態で使おうと目論んでいます。
紙1枚から古代に思いをはせつつ、構想をねるのも手製本の愉しみ。
素材から広がる面白さがあります。
ちなみに今のエジプトでは、パピルスの偽物を作るときにバナナを使っているそうです。
それもちょっと気になります。
スポンサーサイト



本のこと | Comment-│00時頃 |

| main |

プロフィール

abico noco

Author:abico noco
吉祥寺の自宅に製本教室&工房
「abc bookbinding class」を開設。
本とゆたかな毎日。
吉祥寺で手製本のレッスン、
オーダー制作などを行なっています。
図書館・学校・ギャラリー・カフェなどでの
ワークショップも開催しております。
詳細はホームページへどうぞ。
●●● 公式HP ●●●
http://greens.st.wakwak.ne.jp/905510/
●●● Twitter●●●
@abiconoco

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

●translation (ブログ翻訳)