[1108] 泥の河


この前BSで「泥の河」を何気なく観賞。
(小栗康平監督作品で、原作は宮本輝、出演は田村 高廣、藤田弓子、他)
1981年公開作品、設定は昭和31年でモノクロフィルム。
戦争の傷跡を残す大阪で、河の畔に住む少年ノブちゃんと
廓舟に暮らすきっちゃんとの短い交友を描いた作品。
一言でいってしまえばそうなんですが、
その中にでてくるエピソードひとつひとつのシーンがせつなくて、
そのときの感情がじーんと残ります。
細かく言葉にすると陳腐になってしまいそうなのでやめときますが、
説明的なセリフもなく、微妙な感情の動きがひしひしと伝わってきて、
こういう映画って今ないなぁと思ったり。
と、まったく製本には関係ない話題ですが
それが放送されていたのは、NHK BSプレミアム「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本・家族編」の中のひとつ。毎週日曜日10時からやっていて、懐かしい、もしくは見たことのない映画が見れてちょっとおもしろいです。
スポンサーサイト



日々のこと | Comment-│23時頃 |

| main |

プロフィール

abico noco

Author:abico noco
吉祥寺の自宅に製本教室&工房
「abc bookbinding class」を開設。
本とゆたかな毎日。
吉祥寺で手製本のレッスン、
オーダー制作などを行なっています。
図書館・学校・ギャラリー・カフェなどでの
ワークショップも開催しております。
詳細はホームページへどうぞ。
●●● 公式HP ●●●
http://greens.st.wakwak.ne.jp/905510/
●●● Twitter●●●
@abiconoco

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

●translation (ブログ翻訳)